A-Way Soft

3. ユーザー作成練習プリント

3.2. ファイルから入力、テンプレートは使用しない、ヘッダあり

練習プリント用の文章を作成してファイルに保存します。

メモ帳を起動させて、次のように入力(または、コピー・貼り付け)してください。

title1=文章を書く
title2=夏目漱石『吾輩は猫である』(一)
title3=
footnote=
-----
吾輩は猫である。名前はまだ無い。

どこで生れたかとんと見当がつかぬ。

何でも薄暗いじめじめした所で

ニャーニャー泣いていた事だけは

記憶している。

  • 5 行目 ---- がヘッダと本文との区切り行です。
    本ソフトでは、区切り行次のように定めています。
    ! " # $ % & ' ( ) * + , - . /
    の中のいずれか一文字(半角に限る)が、 行頭から4文字以上続いている行の中で最初のものを区切り行とする。
  • ヘッダーは設定値を一時的に変更するために使用します。この例では次のように変更しています。
    • タイトル1を「文章を書く」、タイトル2を「夏目漱石『吾輩は猫である』(一)」に設定する。
    • タイトル3と脚注は使用しないので = の後は何も記入していない。
  • 区切り行の次の行からが手本として使用されます。
  • 手本の各行の後には空行が1行挿入されています。
このテキストを
チュートリアル3-2.txt
という名前で適当なフォルダに保存してください。

以上で準備は完了です。

プリントを作成します。本ソフトを起動させ、メインフォームで「ユーザー作成練習プリント」を選択してください。

まず、作成したファイルを指定します。フォーム左側「(2) ファイルから」の「読み込み...」ボタンをクリックしてください。

ファイルを開くためのダイアログが表示されますので、保存したフォルダに移動し、「チュートリアル3-2.txt」を開いてください。

このまま印刷してもかまいませんが、少し変更して体裁を整えたいと思います。 文字数と行数から考えて、A4・縦置きなら縦書きの方が適当と思われますので、レイアウトを変更することにします。

フォーム右側中ほどにある「ページレイアウト」の「変更...」ボタンをクリックしてください。

「ページレイアウトの設定」フォームが表示されます。

「テキストの方向」を「縦書き」に変更してください。

「決定」をクリックして元のフォームに戻ります。

タイトルや手本のフォントなども変更したいと思います。フォーム右下側にある「手本とタイトル」の「変更...」ボタンをクリックしてください。

タイトル1のフォントを次のように変更します。
フォント MS ゴシック、20 ポイント

タイトル2のフォントを次のように変更します。
フォント MS ゴシック、20 ポイント
栗色

手本の設定を次のように変更します。

手本のフォント メイリオ
手本の色 R: 220、G: 200、B: 180
マス目の線の色 R: 160、G: 140、B: 120
手本のサイズ 75%
水平位置 -15%
垂直位置 2%

以上で変更は完了です。プレビューや印刷を行ってください。

出力例

このチュートリアルで作成したプリントを pdf に出力した例を以下に載せておきます。
tutorial03b.pdf